若い子

私はメンクイです。
お客さんも当然メンクイがいいです。
ごく稀にこんな私に興味を持ってくれる若い子がいるのですが、とても嬉しいのです。
最近は本当になくなりましたが、つい先日、若くてイケメンな男子がお客さんとして来てくれたのです。

なんでもない日、ごく普通に朝起きて、ごく普通に待機場へ行き、横になりながらスマホでゲームをしていました。
「今日はなかなか呼ばれないなぁ〜」
なんて思っていると、どうやら私に指名が入ったようです。
スタッフから呼ばれた瞬間、私の頭の中はお金の計算が始まります。

「60分だと〇〇円と指名料もだから〇〇円なり!」

そんな事を思いながら惰性でホテルへと行き、いつものようにドアをノックしました。
すると、中から芸能人のような顔つきな高身長男子が近づいてきます。

「あれ?部屋間違ったな・・・。」

と思い、ドアに貼ってある部屋番号を確認しました・

「503・・・。あれここだ。」

私はこの時雷に打たれたかのように呆然としてしまいます。

「今からこの美男子とするの??」

想像しただけで頭から煙が上がりそうです。こんな美男子の体に触れたことすらないのに、エロいことできるかな・・・。
私は頭が真っ白になりつつも、お店の説明や利用時間などを聞きました。
この時すでにあそこがヌルヌルしていたので、興奮状態だったと思います。

パパッと料金の支払いを済ますと、彼は私に抱きついてきました。
首筋をつるんと舐められ、体全身が反応しています。
とても良い匂い・・・。なんだかとろけそうです。
恥ずかしいことに、愛液が内腿を伝っていくのがわかりました。
つつつーっと冷たい感じ。
相当ぐちゃぐちゃなんだなぁ〜と思い、確認すると糸が引くぐらいヌルヌルでしたwきゃー

いてもたってもいられなくなり(私が)お風呂へ誘導すると、彼は丁寧に私の体を洗ってくれて幸せ気分でした。
本来逆なんですけどね。私がお客さんである彼の体を率先して洗わなければならない。

そのまま彼とはベッドインしました。
高身長でイケメンで性格も良い・・・。
なんでこんなモテそうな男がデリヘルを利用するのでしょう?
謎は深まるばかりですが、彼のテクニックはこれまでデリヘル嬢で働いてきて一番かというぐらい気持ちの良いものでした。
女の性感帯分かってるんでしょうね〜。
何人の女とヤってきたのか。恐れ多くて聞けませんでしたが・・・。

最後になんで私なんかを指名したのかを勇気を振り絞って聞いてみました。
HPのブログを前から見ていて、面白くてずっと見ていたそうなんです。
私はブログの大事さを知りましたね。これからも書こうと。

書けば今日のように良いことがきっとあると心に決めたのです。

というわけで、これからもブログを書いて(このブログではないよデリヘルの方ね)素敵な出会いをしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です