もしも・・・。

デリヘルで働いていると道具に凝ってしまいます。
例えばローションです。もちろんお店から支給されるのですが、どうも滑りが悪かったりすぐ乾いて痛くなったりするんです。
なので私の場合、ローションは自前で違うのを使っているのです。ちょっと高いけどいつまでもヌルヌルで滑りも最高!おまけにいい匂いもするので癒されるんです。
あともう一つ自前で用意してるのが殺菌する液体です。これもお店から支給されるんですが、なんだか殺菌する力が弱いと感じて少々お高いですが自分で買ったものを使ってます。
病気になるのは怖いですからね〜。ここだけはしっかりしておきたいです。
ちょっと体臭のきついお客さんとか、見るからに最近風呂入ってないだろ!みたいなお客さんがたまにいます。
菌やウイルスは見えないので、しっかりと防御する必要があると私ま思うのです。(考えすぎ?)
なので、業界では「グリンス」なんて呼ばれていますが、殺菌力強めのものを用意しています。
薄めて使うのですが5リッターのものをリッター買いしてますw(業者かよ!)

道具としては大人のオモチャと言われるバイブとかピンクローターなんかも色々試していますが、岩手のお店ではあまり売っていないのでネットで買うことが多いですね。
店で買うと、もすごく恥ずかしいのですしね。「この淫乱女め!」なんて思われるかもしれませんし。
自分用にも使っていますが、今のバイブは本当進化しています。バイブ以外もクリを挟んでブルブルするものや床にくっつけてするものとか色々あるので楽しいです。
友達や親にはぜーったいに見られたくない代物ですが、私の部屋に所狭しと置いてあります。
最近不安に思うのが、一人暮らしでぽっくり逝ってしまったら、親や兄弟がこの道具たちを見てなんて思うかですねw

「お姉ちゃんの部屋に厳ついバイブいっぱいあった!」

とか想像しただけで修羅場ですよねwww
まあこれは男性にも言えることで、ぽっくり逝ってしまったらPCの中に保存してあるエロ動画を見られる恐れがあります。
知り合いなんてエロ動画専用外付けHDDが5,6個あるって言ってましたから・・・。
実は今こういう問題がとりだたされているらしく、「デジタル終活」というらしいです。
もし死んでしまった時のことを考えて、見られても良い保存先とみられては困る保存先を変えてパスワードかなんかで死んでもみられないようにする技術らしいです。
でも 私のバイブたちはパスワードなんかかけることができない為、親友あたりに「私が死んだら部屋のバイブを真っ先に捨てて!」とお願いするしかなさそうです。
なんだかくだらない悩みですね・・・。
くだらない内容がこのブログの取り柄なんでまあいいかwww

長々と書きましたが、何が言いたかったかというと、健康に気をつけて長生きしましょうね!ってことです。
(あれ?ちょっと違う?www)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です